リテラシーの意味、情報リテラシーとメディアリテラシーの違いと役割 | 桃色の雫

リテラシーの意味、情報リテラシーとメディアリテラシーの違いと役割

いつも、リテラシーと聞くと、「いやらしい」と連想してしまうという情けない話なのですが、実際よく使われていて、イマイチわかっていないような気もします。

実は、ネット社会、コンピュータ社会においては、その内容に精通している人でないと対応できないことがあまりにも多いわけです。要するにリテラシーが身についていないと、ネット社会を生き抜いていけないということです。

なぜなら、このデジタル社会は、使える人と使われる人には歴然と差がついてしまうのです。

この記事では、具体的に、リテラシーの意味、情報の世界と、メディアの世界それぞれのリテラシーの重要性について説明しています。

記事を読み終えると、リテラシーがなぜ必要かわかると同時に、自分がどんな風にしてリテラシーを身につけていくべきかもわかるでしょう。

スポンサーリンク

リテラシーとは??

src=”https://pinkdrop.net/wp-content/uploads/2020/08/情報リテラシー1-300×247.png” alt=”” width=”300″ height=”247″ class=”alignnone size-medium wp-image-126″ />1.png” alt=”” width=”350″ height=”288″ />

一体どんな意味合い?

◎リテラシーの意味

リテラシー(literacy)は「読み書きができる、教養のある」という意味から、「情報や知識の活用能力」という意味になります。

元々はラテン語で「字識のある」という意味の言葉でその意味から、「読み書きできる」や「教養のある」、「知識がある」など意味と言われています。

スポンサーリンク

リテラシーはどの様に使われているのか!!

どんな分野でも使われる

では、どのような方法や分野でリテラシーは使われているのでしょう。

◼️ビジネス

ビジネス界で使用される「リテラシー」の場合は「特定分野で必要とされる知識・情報力の確保やストック」に焦点され、その上で「その特定分野のビジネスを進めていくためのスキル・能力に直接的に影響する原動力の意味合いで使われます

◼️教育

教育では「教育リテラシー」という言葉の意味合いで使われます。「適切な教育を施す際に必要とされる環境の確保」として使われます。

◼️インターネットネット

主に「特定分野の仕事に必要な知識をストックした上で、どれだけの仕事ができるか」といった「仕事率」を図る際に使われます。「知識・情報をストックして、それを仕事に活用する」という物差しで使われる場合があります。

リテラシーは色んな分野で使われるのです。

さまざまなリテラシー

情報リテラシーとコンピュータリテラシー

情報リテラシー

情報リテラシーとは、情報を使いこなす能力のことで、メディアリテラシーよりも幅広い能力を指すようです。

情報は、メディア以外にも、ネット上や、書籍など、さまざまなところから得られ、その大量の情報に対してのリテラシーなのです。

さまざまな情報の中から、必要なものを探し出して、さらに、課題に即して組み合わせたり加工したりします。

さらに、社会的な価値を生み出したり、新しいものを作り出したりするための基礎的な知識や技能の集合だといえるのです。

コンピュータリテラシー

コンピュータリテラシーは、コンピュータを利用して日常の課題を解決するための基礎的な知識や技能をまとめていう言葉です。

コンピュータそのものの活用技術の理解である、基礎動作原理、各種機器の扱い、文字入力などの基本的な操作法、ソフトウェアの活用なども含まれるようです。

情報リテラシーと異なるのは、情報リテラシーとは情報の扱いへの基本的な知識や技能を指し、必ずしもコンピュータに限らないという点です。

メディアリテラシーの意味

メディアリテラシーとは?

メディアリテラシーは、いわゆる、メディアである、テレビやインターネット、新聞などの出版物などが発信する情報を、主体的に受け止めて理解する能力です。

リテラシーという言葉の意味は、「読み書きの能力」を指します。したがって、メディアリテラシーといえば、メディアのメッセージを読み取りと合わせて、発信する能力も含むわけです。

メディアリテラシーが必要なわけ

実際にメディアの情報は、発信者によって異なる価値観が反映します。中には、自分の都合のいいようにねじ曲げていることも多いと考えられます。

そのような、偏りのある情報を見分ける能力は今の時代には欠かすことのできないものとなっているのです。

そのようなことに関する教育も、カナダなど欧米諸国では、早くから学校教育のカリキュラムに組み込まれてきました。

日本でも近年広がりつつあり、教育界や放送界での取り組みも始まっています。そういったことに関する市民ネットワークもひろがっています。

タイトルとURLをコピーしました