2023年の唐津くんちの魅力を紹介! - 桃色の雫
スポンサーリンク
・当記事はアフィリエイト広告を利用したプロモーションを含みます。

2023年の唐津くんちの魅力を紹介!

スポンサーリンク

この祭りは佐賀県唐津市で11月2日から11月4日まで開催され、情熱的な掛け声と伝統的な演舞が市を賑わせます。唐津くんちは日本の伝統と文化、そして地元の味を楽しむ貴重な機会です。

祭りでは、豪華で緻密な装飾の山車が街を練り歩き、地元の住民が手作りの料理で訪れる人々を魅了します。この秋、感動的な唐津くんちをぜひ体験してみてください。

スポンサーリンク

【唐津くんち基本情報】

– 開催地:唐津市街地一帯(唐津神社)
– 開催日程:11月2日(木)~11月4日(土)
– 料金:無料
– アクセス:公共交通:JR唐津駅→徒歩10分(唐津神社まで) / 車:唐津伊万里道路(西九州道)唐津ICから国道202号経由約6km約15分
– 公式サイト:[唐津くんち公式サイト](https://www.karatsu-kankou.jp/feature/karatsukunchi/)

スポンサーリンク

今年の唐津くんちの見所を一挙紹介

1. 11月2日(木)|宵曳山

– 時間:19時30分~22時10分
– 曳山の数:14台
– 特徴:唐津神社前をめざして曳かれる姿

2. 11月3日(金)|御旅所神幸

– 時間:9時30分~16時15分
– 曳山の数:14台
– 特徴:豪快な曳き込みと曳子たちの掛け声

3. 11月4日(土)|翌日祭

– 時間:10時00分~16時40分
– 特徴:曳山の曳き納めと掛け声

唐津くんちの特徴は、14台の豪華な曳山が市内を巡行し、獅子舞や歌舞伎など様々な演目が展開されることです。曳山は地元の人々によって手作業で組み立てられ、掛け声と共に力強いパフォーマンスが繰り広げられます。この祭りは参加者と観客が一体となる、日本有数の盛大な祭りです。

唐津くんちの三大名物を紹介

1. アラの姿煮

アラを大きな魚の姿のまま煮付けた料理で、特にアラの肝は濃厚でコクがあります。

2. のっぺ汁

唐津地方の伝統的な郷土料理で、具だくさんで栄養満点のスープです。

3.栗おこわ

栗を加えたもち米の蒸し煮で、秋の味覚を楽しめます。

唐津くんちで人気のお土産3選を紹介

1. いかしゅうまい

透明な皮で包まれたイカのすり身の点心で、地元の味を手軽に楽しめます。

2. 唐津焼

400年以上の歴史を持つ伝統的な陶磁器で、風合いが増す使うほど愛用できます。

3. 大原松露饅頭

上品な甘さとしっとりとした食感が特徴の饅頭で、手土産として喜ばれます。

最後に

唐津くんちは「日本三大くんち」の一つで、唐津くんち、長崎くんち、博多おくんちと並び称されています。これらの祭りは日本の歴史と文化を体験できる素晴らしいイベントです。

唐津くんちを含む「日本三大くんち」の魅力を堪能しながら、佐賀県の名物・唐津くんちで秋を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました