ライフラインとインフラの違い、これを知ればなぜ大切なのかわかる! | 桃色の雫

ライフラインとインフラの違い、これを知ればなぜ大切なのかわかる!

いつも地震や豪雨など災害が起こるときにニュースなどで出てくる言葉、ライフラインとインフラ、わかっているようで、なんとなく理解してしまっているような気がしませんか。

実は、この二つの役割は、私たちの生活にとってもとても重要なんですね。

なぜなら、この二つが立ち行かなくなると、私たちの生活そのものが根本的に揺らいでしまうからです。

この記事では、ライフラインとインフラがどのように私たちの生活を支えてくれているかをわかりやすく紹介しています。

これによって、今後ニュースを見たり、様々な防災に関する考え方もしっかりしたものになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ライフラインとインフラ、よく聞く言葉だけど

この言葉の意味と違いとは…?

まず、簡単に言葉の意味をおさえよう

ライフラインは、生活をするうえで必要な物や生きるのに必要不可欠なものを、供給される経路の事をいいます。

具体的には、電気、ガス、水道、携帯電話、インターネット、物流輸送事業などを指します。

インフラ

それに対して、インフラは、無いと生活が成り立たないもの。生活必需品の事をいいます。

具体的には、病院、電気、上下水道、ガス、などを指します。

実は、ライフラインとインフラで重なっているものがありますね。要するに、どちらも生活に必要なものが多いのがわかると思います。

スポンサーリンク

言葉だけ知っていてもダメ

実際の備えと直結

私たちの立場では、災害時にそなえて日ごろからの準備や知識をつけておくことが大切です。

・インフラやライフラインは生活には必要不可欠なもの
・いろいろな言葉があり、日ごろから知識をつけておくこと
・少しずつ災害時にそなえて準備をしておく!

ライフラインとインフラの違いや、災害時によく聞く言葉の意味などを知ることで、余裕が生まれます。

地震や台風などは、いつ起こるかもわかりません。なので、日ごろから災害にそなえて準備をしとくことが大切です!

準備と一緒に災害時によく聞く言葉の意味も、知っておくことも大事だということです。どの言葉が優先的なのかなど知っておくと、慌てなくていいかもしれません。

日ごろから災害時にそなえて準備しておくことと、災害に関する知識、両面で備えをしましょう。

タイトルとURLをコピーしました