いびきはなぜかくのか、改善方法と治し方、枕やマウスピースで対策、無呼吸症候群かも - 桃色の雫
スポンサーリンク
・当記事はアフィリエイト広告を利用したプロモーションを含みます。

いびきはなぜかくのか、改善方法と治し方、枕やマウスピースで対策、無呼吸症候群かも

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いびきはなぜ/寝ている時のいびきには注意が必要!


睡眠中に響く「いびき」は、多くの人にとっては日常の一部となっています。しかし、その背後には重要な健康上の問題が潜んでいる可能性もあります。

本記事では、「いびき」のメカニズムや原因、そして寝ている間にいびきが起きる場合に注意すべきポイントについて探求していきます。また、いびきが睡眠の質や健康に与える影響も考察します。

いびきはなぜ起こるのか?

就寝中のいびきをかいている本人は睡眠中なのでわからないことも多いと思います。一緒に寝ている家族から「いびきがうるさい!」と言われた経験はありませんか?

いびきは本人にとっても一緒に寝ている人にとっても、睡眠を妨げる大きな問題になります。今回はなぜいびきをかくのか原因やいびきが原因で起こる病気についてお話ししましょう。

スポンサーリンク

いびきはなぜ/人間がいびきをかく原因

いびきは、睡眠中の気道の閉塞や筋肉の緩みによって引き起こされることが一般的ですが、その具体的なメカニズムにはまだ解明されていない部分があります。

睡眠時無呼吸症候群や肥満といった要因がいびきに関連していることも判明しています。

いびきの原因は?

寝ている間に知らず知らずにいびきをかいてしまうかたは多いかと思います。一緒に寝ている人がいびきをかくと、いびきの音って結構な音量で眠れませんよね!!

そんな時、いびきをかいている人の体を揺さぶったり鼻を摘んだりと一時的にはおさまりますがまた再開し寝不足になってしまいます。

では、なぜいびきをはかくのでしょうか?

なぜいびきをかくかというと睡眠中は、首の筋肉が弛緩し 弛緩がひどいと上気道 が一部塞がれます。狭くなりすぎて十分な空気が肺に送りこまれず、鼻やあごの形状などの構造的な理由で起こることもあります。

このように気道が狭まるとのどに振動が起こり、それがいびきの音となります。

いびきには病気がひそんでいる危険性がある。

いびきの対策方法は!

最近ではいびきは体の不調を知らせるサインとも言われています。いびきには注意する必要がありいびきによる睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。

SASとは、睡眠中の酸素不足が原因で起こる症状でこれが原因で酸素不足により脳や身体へダメージを及ぼすほか、日中の活動にも様々な影響を及ぼします。その様な症状を防ぐ為にも就寝時に予防が大切になります。

いびきはなぜ/改善方法と治し方について

睡眠中に気になる「いびき」。この現象には多くの人が悩んでいることでしょう。いびきは、鼻や口からの呼気が通り道で振動し音を立てる現象であり、寝ている間に自然に起こるものです。

しかし、いびきが慢性化した場合や重症である場合、睡眠の質や健康に悪影響を与える可能性があります。

いびきの改善方法1・予防方法としてマウスピースを用いる

いびきを改善するための一つの方法は、マウスピースを使用することです。マウスピースは、上顎と下顎の間に装着することで、気道を広げる効果があります。これにより、呼吸の流れがスムーズになり、いびきを軽減することができます。

マウスピースは、歯科医院やインターネットで購入することができますが、自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。使用する際には、使用方法や清潔な管理方法についても注意しましょう

いびきの改善方法2・自分に合った枕を使う

いびきを改善するためには、自分に合った枕を使用することも有効です。枕の高さや形状によって、睡眠中の姿勢が変わるため、呼吸がスムーズになる可能性があります。

例えば、側臥位で寝る場合は、正しい頭の位置を保つために、適切な高さの枕を選ぶことが重要です。また、頭や首のサポートがしっかりしている枕を選ぶことで、いびきの軽減につながる場合もあります。自分に合った枕を選ぶためには、睡眠姿勢や体格を考慮しましょう。

いびきの改善方法3・病院で診察を受ける

もしもいびきが慢性化したり、重症である場合は、病院での診察を受けることをおすすめします。いびきの原因は様々であり、鼻や口の異常、扁桃腺の肥大、睡眠時無呼吸症候群などが考えられます。病院での診察では、睡眠時の状態や体の状態を詳しく調べることができます。

医師からは、適切な治療法や処方箋の提案がされる場合もあります。定期的な受診をすることで、睡眠の質を向上させ、いびきを改善することができるかもしれません。

いびきは睡眠の質や健康に悪影響を与える場合がありますが、幸いなことに改善する方法もあります。自分に合った方法を試してみて、快適な睡眠を手に入れましょう。いびきの改善を通じて、より良い生活を送ることができるかもしれません。

いびきはなぜかくのか、改善方法と治し方のまとめ

本記事では、いびきをかく原因や注意点、そして改善方法や治し方についてご紹介しました。

まず、いびきの原因は様々な要素によって引き起こされることがわかりました。睡眠時無呼吸症候群やアレルギー、肥満など、個人の生活習慣や体質によっていびきが発生することがあります。いびきが続く場合は、医師の診断を受けることが重要です。

また、いびきには健康問題や病気のリスクがあることも確認しました。いびきが連日続く場合は、睡眠時無呼吸症候群や心臓疾患などの病気の可能性があるため、早めに医師の診断を受ける必要があります。

さらに、いびきの改善方法や治し方についてもご紹介しました。睡眠環境の改善や体重管理、アレルギーの対策など、生活習慣や環境の改善がいびきの改善に効果的です。また、専用のいびき対策グッズや睡眠時無呼吸症候群の治療器具を利用することも一つの方法です。ただし、それぞれの方法や器具の適切な使い方については、医師の指導を受けることをおすすめします。

いびきは、個人の睡眠状態や健康状態に大きな影響を与えることがわかりました。いびきに悩んでいる方は、早めに医師の診断を受けることや、生活習慣の見直しを行うことが大切です。また、いびきに関する情報を正しく理解し、適切な対策を行うことで、より良い睡眠環境を作ることができます。

タイトルとURLをコピーしました