自然と環境に関心を持とう | 桃色の雫

自然と環境に関心を持とう

自然と環境に関心を持とう

三寒四温の意味と使い方、時期、本当の由来、手紙の挨拶での例文

春を意識するのは日本の気候 元々の意味を知れば、なるほど 冬来たりなば春遠からじ、という言葉がありますね。 確かに、冬の訪れは春に向けてのスタートでもあるわけです。 また、冬から春にかけての気候の変化のことを三寒四温と言...
自然と環境に関心を持とう

梅の花の見頃がわかるのが梅前線、どんな種類がいつごろ咲くのか、時期が幅広いわけ

サクラほどはっきりしない梅の開花時期 梅見の時期は種類によっても違うから難しい ふつう、梅の花は2月から3月が開花時期といわれていますね。しかし、もう、1月ごろに満開になっているのを見たりします。 だいたい、花梅は1~3月に、...
未分類

高温注意情報の基準、導入は熱中症の対策がきっかけだった!

みなさん、じつは、気象庁の定めている注意報や警報の中には「高温注意報」というのはないということ、ご存知でしたか。 「低温注意報」はあるんですけどね。 ようするに、暑さそのものではなく、それによって起こる熱中症に向けての対策に関す...
自然と環境に関心を持とう

マイクロプラスチックゴミの環境汚染、原因と生態系への影響と対策は?

レジ袋が有料になり、考えさせられることが増えましたね。 プラスチックストローも、そうなんだ、と感じる機会になっています。 さて、近年、海洋に投棄されるゴミの80%は陸地からといわれています。 そのなかでも、特に問題といわれ...
自然と環境に関心を持とう

紅葉の名前の由来、赤や黄色、紅葉しない葉の違いと紅葉の仕組みは?

紅葉(こうよう)とは一般的に、秋に植物の葉が落ちる前に赤色に変わることをいいます。葉が黄色や黄褐色になることを黄葉(こうよう)といい、主な木にイチョウがあります。 葉が褐色に変わるものを褐葉(かつよう)といい、これらを厳密に区別するの...
自然と環境に関心を持とう

十三夜の意味と栗名月の名前の由来、十五夜との違いと風習

みなさん、十三夜という言葉をきいた事がありますか?十五夜は聞いたことがあるけど十三夜は聞いたことないという方もほとんどでしょう!! ちなみに読み方は、十三夜の読み方は「じゅうさんや」と読みます。 この記事では十三夜の意味と栗名月...
自然と環境に関心を持とう

二十四節気では寒の入りは2021年はいつか、小寒、大寒、寒中の意味は?

寒の入りとか大寒といった言葉をよく聞きますね。 毎年の季節の変化から、一年のうちでいちばん寒さが厳しい時期を寒中と呼びます。 その最初の日が小寒で、そこから寒の入りと言うことになるわけです。 この記事では、二十四節気の意味...
自然と環境に関心を持とう

四つ葉のクローバーの意味と由来、見つけ方と出現率が低いわけは?

四つ葉のクローバーと聞いて思い浮かべるのは、めったにお目にかからない、非常に珍しいものであるということですね。 それゆえ、見つけることができたらラッキーということになります。 それもあって、四つ葉のクローバーが幸運のシンボルとし...
自然と環境に関心を持とう

太陽暦の起源、1月1日が決められた理由、天文学とは無縁の1年の初めの決め方、旧暦と太陽暦との違いとは

みなさん、太陽暦がなぜ決まったかご存知ですか。 詳しく調べると、結構無理やり、という感じが強いのが太陽暦で、その1月1日については、結構新しいということがわかってきます。 ただ、近世になって世界で暦を合わせることが必要になったの...
自然と環境に関心を持とう

爆弾低気圧の名前の由来と定義、天気予報では急速に発達した低気圧!

最近の天気予報では画面で天気図を表示しますね。 あの中にある、低気圧と高気圧、昔理科で勉強したはずです。 それでは、思い出してください。なぜ、低気圧が来ると強い風が吹いて、雨が降るのでしょうか。 この記事では、低気圧の中で...
タイトルとURLをコピーしました