歴史と伝統を大切に | 桃色の雫

歴史と伝統を大切に

歴史と伝統を大切に

二十四節気の処暑の意味と由来、七十二候の綿柎開、天地始粛、禾乃登とは?

二十四節気のことはまだ耳にしますが、七十二候となると、なんのことかわからないという人が多いようです。 その説明をする前に、まず二十四節気をもっと理解する必要があるのです。 まず、昔から人間は自然と共に生きてきました。太陽の存在は...
歴史と伝統を大切に

姫路城は世界文化遺産!歴史と由来、公園観光の魅力と見どころは?

兵庫県姫路市にある姫路城、真っ白で真っ青な空にとても生えるシルエットが印象的ですよね。 あの美しさはまさに日本の美の一つと言っても過言ではないと思います。 姫路市に観光に行ったら是非とも一度は姫路城を散策してみたいですよね。 ...
歴史と伝統を大切に

ぼっちとぽっちの違い、ひとりぼっちの起源と意味、名前の由来は?

ひとりぼっち、っていうと、友達もなく、一人で寂しい、というイメージですね。 実は、この人ぼっちは漢字で書くことができて、「独り法師」と書くそうです。 ただ、この「ぼっち」を「ぽっち」というと、語源にも影響して、少しイメージが変わ...
歴史と伝統を大切に

日本三大祭りは祇園祭と山王祭、天神祭!その歴史と由来、日程は?

日本三大祭りといえば、祇園祭と山王祭、天神祭をあげるのが一般のようです。 それぞれの祭りが歴史も古く、由緒ある伝統の祭りなので、人気も絶大です。 この記事では、それぞれの祭りの歴史と由来、日程などを紹介しています。 日本の夏の...
歴史と伝統を大切に

ひな祭りは女の子の初節句、元は上巳の節句、その由来と歴史と料理

桃の花っていつ咲くのでしょう。 桜が咲く前の3月下旬から4月頃です。 このころ、ピンクの花が咲き誇る風景を見たことありますか。 雄大な桃の花の風景はだいたい実桃ですが、ほかにも赤、白の桃に花もあります。 実は、桃の花...
歴史と伝統を大切に

ぜひ見たい!日本三大奇祭、なまはげ柴灯祭、御柱祭、吉田の火祭祭り

奇祭なんて呼び名を聞くと、のぞいてみたくなりますね。 実は、日本各地でその土地ならではの伝統や風習が形になったものがお祭りがあります。 それが、一般的なお祭りと違っていたりするんで、奇祭とよばれますが、地元の人にとっては普通の、...
歴史と伝統を大切に

ハングル文字の起源と歴史、漢字との関係、生まれた背景とデメリット

世界には沢山の文字があります。 その中でも、朝鮮半島で使われているハングル文字は独特の歴史と背景を持っています。 近年は、韓国からの旅行者も多くなって、駅などでもハングル文字の表記を目にすることがありますね。 この記事では...
歴史と伝統を大切に

セントパトリックスデーの名前の由来、緑色はアイルランド発祥だから

日本では馴染みの薄い「セントパトリックスデー」ですが、アイルランド発祥のお祭りで、最近は世界中でもお祝いをすることが増えてきました。 3月17日はセントパトリックスの命日。わかりやすいですね。 では、そのセントパトリックスさんは...
歴史と伝統を大切に

なまはげは秋田県男鹿半島の真山神社の祭り、包丁を持っている理由

秋田県の有名な行事、大晦日の夜に鬼のような面を着けたなまはげが各家を回ります。 「泣く子はいねがー!」「親の言うこど聞がね子はいねがー!」と叫び子供を見つけては包丁を振り回して脅かします。 なまはげは大きな音を立てて暴れまわるの...
歴史と伝統を大切に

藪入りの名前の由来と歴史、お盆や正月に帰省をする風習の起源とは?

かつて、正月やお盆に奉公人や嫁が実家に里帰りをするという風習がありました。 そのことを知っている人はどれくらいいるでしょう。 その風習のことを藪入りと言うのです。ほとんどの人は藪入りの言葉の意味も知らないと思います。 実は...
タイトルとURLをコピーしました