歴史と伝統を大切に | 桃色の雫

歴史と伝統を大切に

歴史と伝統を大切に

なまはげは秋田県男鹿半島の真山神社の祭り、包丁を持っている理由

秋田県の有名な行事、大晦日の夜に鬼のような面を着けたなまはげが各家を回ります。 「泣く子はいねがー!」「親の言うこど聞がね子はいねがー!」と叫び子供を見つけては包丁を振り回して脅かします。 なまはげは大きな音を立てて暴れまわるの...
歴史と伝統を大切に

藪入りの名前の由来と歴史、お盆や正月に帰省をする風習の起源とは?

かつて、正月やお盆に奉公人や嫁が実家に里帰りをするという風習がありました。 そのことを知っている人はどれくらいいるでしょう。 その風習のことを藪入りと言うのです。ほとんどの人は藪入りの言葉の意味も知らないと思います。 実は...
歴史と伝統を大切に

福茶の由来、いつ飲むのか?元日や立春、節分に飲むわけと作り方

若水って聞いたことありますか? 若水とは、元日の朝に初めて汲む水のことで、井戸から水を汲んで神棚に供えました。 この水が福茶というめでたいお茶に使われるわけです。 もう一つ、立春の朝に飲むお茶も福茶と言います。 さら...
歴史と伝統を大切に

どんど焼きの意味と名前の由来と起源、燃やすものとその理由とは?

新年があけて二週間くらいしたころでしょうか、神社や田んぼ、空き地などで大きなかがり火を目にしたことがありませんか? 小正月(1/15)の頃に行われる火祭りの行事で、「どんど焼き」と呼ばれるものです。 毎年地元の行事として参加され...
歴史と伝統を大切に

さっぽろ雪まつりの歴史と由来、雪像づくりで抱えている問題点は?

冬の北海道を代表するイベントといえば、さっぽろ雪まつりでしょう。 この時期は、札幌市を訪れる観光客も増えると言われています。開催期間は、毎年、2月の上旬です。 開催場所は、札幌市中央区にある大通公園を中心に、複数の会場で行われま...
歴史と伝統を大切に

厄年の名前の由来、年齢の数え方、厄払いとやってはいけないこと!

厄年になるとなんだかそわそわしますよね。 なにか大変のことが起きるのではないか、とか心配になります。 この記事では、厄年の由来と年齢の数え方、やってはいけないことと、厄払いのことを紹介しています。 厄年とはどう言うものか、なぜ...
歴史と伝統を大切に

ひな人形は災いを引き受ける身代わり?ちょっと怖いひな祭りの由来

平安時代に、貴族の子女が「ひいな遊び」をしたという記録が残っているそうです。 その遊びの中で、紙などで作った人形と道具を使って遊んだところからきているんですね。 その後、人形は、季節の節目の行事における身代わりとしても使われたん...
歴史と伝統を大切に

流し雛に込めた思い、子供の成長を願って、身代わりを流す風習!

ひな祭りの時に、全国には雛人形を川や海に流すという風習があります。 流し雛は、罪やけがれを移して形代(かたしろ)を流すという、厄を払う行事で、ひな祭りの原型とされているそうです。 上巳の節句そのものが、厄を払うということを願って...
歴史と伝統を大切に

ひな祭りは上巳の節句が起源だったとか、桃の節句と呼ばれる由来は

ひな祭りの時期、普通、桃の花はまだ咲いていません。 もともと、上巳の節句といって、旧暦の3月3日がひな祭りの日にあたるのが起源だとか。 そうなると、今の暦では4月14日頃になるそうです。 ということは桃の花は満開だというこ...
歴史と伝統を大切に

祇園祭の起源と歴史、名前の由来、宵山と山鉾巡行の種類と見どころ

祇園祭では、たくさんの豪華絢爛な山鉾が立ち並びます。 コンチキチンと鳴る鉦の音、太鼓、笛、絡み合って奏でられるのが、お囃子です。 もう、この時期になると、京都市内はすっかり祇園祭一色です。 1ヵ月の間、祭事が行われて、特に...
タイトルとURLをコピーしました