科学の発展と情報技術 | ページ 2 | 桃色の雫

科学の発展と情報技術

科学の発展と情報技術

ハロゲンランプの仕組みと特徴、HIDライトとLEDライトとの違いは?

ハロゲンという名前は窒素やアルゴン、ネオンといった不活性ガスと言われる仲間のことを指します。 ハロゲンランプというのは、電球の中にその不活性ガスを封入してある電球のことで、自動車のランプとして、長い間人気がありました。 というの...
科学の発展と情報技術

1日24時間、60分60秒のわけ、時計の文字盤が12までの理由

みなさん、時間について不思議だな、と思ったことありませんか。 なぜ1分は60秒で1時間が60分なのに、1日は24時間なのか・・・? 実は、一番もとになったのは、一年が365日だというところから始まったそうです。 なぜなら、...
科学の発展と情報技術

台風の名前のつけ方と由来、番号以外にアジア名をつけているルール

天気予報とかみていると、疑問に思うことはありませんか? 「今回の台風の名前どうやってきめてるの?」 「動物の名前とか、星座みたいな名前?」 そうなんです。台風の名前には、動物の名前や星座の名前が付けられることが多いんです。 ...
科学の発展と情報技術

メートルとヤードの違い、それぞれの長さの基準と換算方法とは?

日本ではメートル法が採用されていますね。 しかし、世界ではヤード・ポンド法といって長さの単位にヤードを採用している国があります。 長さや重さの単位が違うので、間違えてしまうと大変ですね。 この記事では、メートル法とヤード・...
科学の発展と情報技術

希ガスは気がする?ネットの世界の特殊な言葉、ネットスラングとは

一般的に、ガスといえば、プロパンガスや都市ガスを連想される人がほとんどですね。 よっぽど理系の人でなければ、希ガスと言われてピンとくる人、いないと思います。 この希ガスを別の言葉に引っ掛けて使う、そんな言葉をネットスラングと読ん...
科学の発展と情報技術

ご当地マンホールカードが密かなブームに、人気の蓋のデザインを紹介!

道端を歩いている時によく目にするマンホールが今とっても人気だそうです。 実は、マンホールの蓋には沢山の魅力があるのです! 意外と知らないマンホールの蓋、この記事では、そんなマンホールのこと、そして、マンホールカード のことを紹介...
科学の発展と情報技術

非接触ICカードの仕組みと種類、交通系や電子マネーで使われる理由

自動改札口でピッとかざすだけで、一瞬で改札が通過できるIC乗車券、もう当たり前の風景になりましたね。 あのカード、離れているのに読み取れるのはなぜでしょう。 実は、発電機と同じ仕組みで情報を読み取っているのです。 この記事...
科学の発展と情報技術

ダイナマイトがもたらしたノーベル賞に込めたノーベルの平和への思い

ノーベル賞を生み出したのは、ノーベルという科学者です。スウェーデン生まれ、アルフレッド・ノーベルがその人です。 このノーベルの発明として有名なのは、ダイナマイトです。 実は、ノーベル賞はダイナマイトととても深いつながりがあったの...
科学の発展と情報技術

エントロピーとは熱力学の不可逆性の指標、イメージだけ一人歩き!

「エントロピー」ってたまに聞くけど、何のことかわからないので、なんとなく不快な思いをしたことありませんか。 かと言って、その言葉を使っている人のほとんどが、イメージだけで使っていて、本当の意味を説明できないかもしれないそうです。 ...
科学の発展と情報技術

電波時計の弱点とは、うまく受信できない時も解決できる秘策とは?

いちいち時刻合わせをしなくても、正確な時刻を刻んでくれる時計として、もはや定番になった電波時計。 しかし、電波時計には、致命的な弱点があります。 それは、電波を受信できないところでは、電波時計としての働きを維持できないということ...
タイトルとURLをコピーしました