ガトーショコラ発祥の国はどこ?ザッハトルテやブラウニーとの違いは | ページ 2 | 桃色の雫

ガトーショコラ発祥の国はどこ?ザッハトルテやブラウニーとの違いは

スポンサーリンク

ガトーショコラは普通名詞から

上質のチョコレートケーキの呼び名

実は、ザッハトルテと違って、ガトーショコラは、チョコレートケーキ全般を意味します。

チョコレートやカカオパウダーを含むケーキは、フランス語で「ガトー・オ・ショコラ」と呼ぶことから、ガトーショコラと言う呼び名が広まったと言われています。

ただし、ガトーショコラはオペラ(カカオのランク)が55%含まれたチョコレートを使用したものと定められているんです。

それ以下の場合はガトーショコラとは言わないで、チョコレートケーキなどと別名で呼ばれているそうです。

まあ、大きな違いはなさそうなんですが、作られた場所やオペラの割合によって違うということみたいですね。

スポンサーリンク

簡単にできるガトーショコラ

ガトーショコラのレシピ

ガトーショコラは、比較的簡単に作れるケーキのため、人気になっています。

チョコレート(100g)とバター(50g)を湯せんしながら溶かします。湯せんが面倒な人は、レンジで温めても大丈夫です。

溶かしたチョコレートとバターに砂糖(50g)と牛乳(50g)を加えて、泡だて器で泡立てます。

軽く泡立ってきたら、ホットケーキミックス(50g)を入れて、ダマにならないようにかき混ぜます。

あとは、これをオーブン(余熱なし・170度・30分)で焼きあげるだけで完成です。

ザッハトルテは固有名詞から

ザッハトルテはガトーショコラの王様

ザッハトルテは、オーストリアのウィーンにあるホテル「ザッハー」で生み出されたチョコレートケーキです。

正式には、ホテル「ザッハー」とオーストリア王室御用達の洋菓子店「デメル」で提供されるものがザッハトルテと言われています。

最近では、街のケーキ屋さんでも見られるようになりましたが、厳密には、それらはザッハトルテではなく、チョコレートのトルテと呼ぶのが正しいようです。

こうした経緯もあって、ザッハトルテは、チョコレートケーキの王様とも呼ばれています。

ザッハトルテはチョコレート味のスポンジケーキを作り、アンズのジャムを塗った後に、表面に全体にチョコレートでコーティングしたものをいいます!

ブラウニーもオシャレ

ブラウニーってどんなお菓子

ブラウニーとはアメリカのお菓子で、名前の由来については有力な説が2つあります。

まず、1つ目は単純に英語の「ブラウン」から名前がついたという説です。

もう1つの説は、スコットランドなどの西洋に伝わる「ブラウニー」という妖精から名前がつけられたというものです。

調理法については、全卵を生地に混ぜ込みます。形は平たく、一口大の四角形に切り分けられているのが一般的です。生地にナッツやチョコチップなどを混ぜたりする事が多く、食感に変化がつけられることもあります。

ブラウニーとガトーショコラの違いは、本質的にはないみたいですが、ブラウニーが四角でガトーショコラがホール型、ブラウニーはナッツやクルミが入っていることが多く、ガトーショコラは粉砂糖がかかっている事が多いということです。

タイトルとURLをコピーしました