目の老化は40代から始まる!初期症状や病気のチェックと予防とは | 桃色の雫

目の老化は40代から始まる!初期症状や病気のチェックと予防とは

最近、物事見えづらくなってり、よくかすむといった症状はありませんか!!

もしかしたらその症状は目の老化の可能性があります。

では、目の老化の原因や症状、老化にならないための対策にはどういったものがあるのでしょう。

この記事では、目の老化の初期症状や病気のチェック方法、予防法など紹介しています。

スポンサーリンク

目の老化は40代から

目の老化の原因や症状

目の老化の原因は水晶体調節障害が原因と言われています。目の老化で出てくるのが『老視と老眼』です。

人は40歳を過ぎたころから、なんとなく目の疲れを感じ始める人が増えてきます。

長い間、読書やパソコンなどをし続けているときにおこり、根気がなくなってきたように感じたり、また、新聞を少し離したほうが見やすいと感じることもあります。

これらは老視(老眼)の初期の症状であることが多いのです。

老視が進行すると、遠くは見えるけれども、近くのものや新聞の字などは見えないようになり、それに伴い肩こりがひどくなり、ときには頭痛・吐き気と言った症状も出てきます。

40歳を過ぎたころから、なんとなく目の疲れを感じ始めるといったことがよくあります。

とくに長い間、読書や編み物などをし続けているときにおこり、根気がなくなってきたように感じたり、また、新聞を少し離したほうが見やすいと感じることもあります。

これらは老視(老眼)の初期の症状であることが多いのです。

老視が進行すると、遠くは見えるけれども、近くのものや新聞の字などは見えないようになり、肩こりがひどくなり、頭痛や吐き気といった症状が出てくるのです。

スポンサーリンク

目の老化は40歳くらいから

我慢は禁物、素直に受け入れて

ではどのような症状がでてくるのでしょうか。よく聞かれるのが“老眼”です。読んで字のごとく眼(目)の老化現象です。

普段よく読む本や新聞といった細かい文字など、手元から30センチほど(だいたい両手の肘を伸ばしてから少し曲げるくらい)離れたものが読みにくくなったら老眼のサインだと思ってください。

よく女性の人ほど“老眼”と聞くと大変ショックを受け、まだまだ若くいたいと現実を受け止められないという話を聞きます。

年を重ねると出てくる症状なのでこれは仕方のないことなのです。目の中にある水晶体の弾力性が低下し、硬くなり、その水晶体を支える筋肉が衰え、今まで活発にピントを合わせていた調節機能の低下が原因です。

見えづらくなったら早めに眼科を受診し、老眼鏡を作ることをお勧めします。

老眼鏡を使うと逆に老眼が進むと思われ、抵抗されがちですが、見えにくいのを我慢して頑張って無理やりピントを合わせようとする方が、目への負担が大きく、疲れ、肩こり、頭痛などの原因となりかねません。

そのほか、頑張って見えづらいものを見ようとすると、無意識に目を見開いたりするのでドライアイ(目の渇き)を引き起こすこともあります。

タイトルとURLをコピーしました