介護施設の事務員になるには?介護事務の受験資格と就職に有利なわけ | 桃色の雫

介護施設の事務員になるには?介護事務の受験資格と就職に有利なわけ

介護事務の資格は、介護保険に関する知識はもちろん必要です。

さらにPCスキルに加えて経理業務の知識などが必要になります。その上で介護サービス施設や事業所などへ勤務するわけです。

しかし、この資格は色々なメリットを持っているので、チャレンジする価値はありそうです。

この記事では、介護事務の資格の種類と取り方、どんなメリットがあるのかを紹介しています。

スポンサーリンク

介護事務とは

介護職に特化した事務内容に精通

主な業務は、介護報酬を請求するためのレセプト作成になります。

利用者の負担分についての集計や徴収、管理を行うことになります。これは、要介護度によって保険が適用となる範囲が異っているので、利用者ごとの集計は難しく、専門的な知識が必要です。

それに加えて、受付業務や電話応対、備品のチェック、介護スタッフのシフト管理などを行うので、とても多岐に渡るのです。

施設によっては、スタッフが不足していて、介護事務員にさまざまな雑務が回ってくるかもしれません。

ただ、介護事務は、体力を必要としないので、年齢に関係なく長く働けるというメリットがあります。

スポンサーリンク

介護事務の資格の種類

この資格はいくつか種類があります。団体によって学ぶ内容や試験も少し異なるようです。しかし、習得できる技能にはそんなに違いはありません。

逆に、介護事務の業務をする上で必須の資格というものはないので、無資格でも介護事務の仕事をすることができるそうです。

介護事務の資格が有利なわけ

就職活動

無資格でも働ける仕事ですが、採用するとなれば、資格があるかどうかはとても重要になるようです。

スキルを身につけているので、業務理解も早くなり、信頼関係につながるでしょう。

介護職からの転身

介護職は体力的にもきついので、事務職に転身するのも一つです。その時に、介護事務の資格があればスムーズにいきます。

介護の現場を熟知しているので、会社も必要とされる資格です。

介護保険制度がわかる

介護保険の知識があると、家族の場合でも役立ちますし、資格があれば、就職にも生かせます。

タイトルとURLをコピーしました