介護福祉士になるには?国家資格を取るための受験資格と試験の合格率 | 桃色の雫

介護福祉士になるには?国家資格を取るための受験資格と試験の合格率

介護福祉士は国家資格でもあり、介護職の必須資格となっています。

従って、取得も結構難しくなっているのです。

資格取得をするには、実務経験をもとに受ける場合、福祉系の高校から受ける場合、養成施設で勉強して受ける場合の3つがあります。

もし、働きながら介護福祉士を目指す場合は、介護施設での実務経験3年以上と、実務者研修を修了する必要があります。その上で国家試験に合格する必要があるわけです。

この記事では、そんな介護福祉士の仕事内容やなるために必要な実務経験などを紹介しています。

スポンサーリンク

介護福祉士は国家資格

介護福祉士の仕事内容

身体介助

介護の実査に仕事である、直接体に触れて行う仕事が身体介助です。

生活援助

家事全般の手伝いを行う仕事が生活援助です。これには、要介護者の家族に対して家庭介護のアドバイスや介護用具を使う際の指導なども含まれます。

ヘルパーへの指導助言

介護現場で働いているヘルパーへの指導や助言をするのも、大切な仕事です。

介護福祉士は介護の現場においては、リーダーとしての役割があり、介護のスペシャリストとしての期待も大きいものがあります。

介護施設で働いたり、訪問介護の仕事や、介護福祉士養成校などで教員・講師をしたりしているようです。

介護福祉士の資格

介護福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法にもとづく国家資格になります。

同法第2条第2項では「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。」と位置づけられています。

介護福祉士の上位資格


認定介護福祉士が上位資格として設けられています。

一般社団法人 認定介護福祉士認証・認定機構により創設されたものです。

介護業界でキャリアを積みたい人にとっては気になる資格かもしれません。認定介護福祉士になるためには、介護福祉士の資格取得をして、さらに実務経験を積む必要があるようです。

介護福祉士の取得メリット

・国家資格であり、社会的信頼性も高い。
・就転職時には有効であり、将来的にも安定した雇用につながる。
・一度取得すれば全国どこに行っても通用する。
・ヘルパーに比べて待遇がいい。
・主任・リーダーになるとさらに給与アップもある。
・管理職の仕事を任されることもある。

タイトルとURLをコピーしました