手編みの種類、かぎ針編みと棒針編みの違い、棒針の号数と毛糸の太さ | 桃色の雫

手編みの種類、かぎ針編みと棒針編みの違い、棒針の号数と毛糸の太さ

冬になって寒くなると、暖かいものが恋しい季節になりますよね。こたつに入ってみかんを食べ、猫と寄り添いながらおばあちゃんが編み物をしている画が目に浮かびませんか(笑)?

お店には編み物グッズがたくさん並ぶので、始めようかなーと思っている方には、とっても始めやすい時期かもしれませんね。

初心者でも楽しめますし、何をどう始めたらいいか迷っているなら、まずはやってみることです。

スポンサーリンク

始めようと思ったら、何から?

材料・道具を集めましょう

編み物といっても、「棒針編み」と「かぎ針編み」があります。最近ですと、指編みというのもあったり、カラフルな毛糸が売られていたり、流行っていることが分かります。

棒針編み

「棒針編み」は2本の棒針使って編む方法です。

かぎ針編み

「かぎ針編み」は1本のかぎ針を使って編む方法です。

まず毛糸を用意するとき初心者におすすめなのが、「ストレート形状」のもの。ふわふわして可愛いものがいっぱい売られていますが、毛糸がまっすぐなので、編みやすく、編み目も数えやすいです。

また濃い色は編地が見えにくいので、初めはパステル系がおすすめです。太さも色々ありますが、初心者は「並太」。
細すぎると見えにくいし編み進んだ成果が出にくく、太すぎても見えにくいです。

あと最近よく目にするのが、「ズパゲッティ」といわれるもの。毛糸ではないのですが、毛糸よりも縫い目が見やすく、糸がかなり太くて成果も出やすいのでおすすめですよ!

タイトルとURLをコピーしました