味噌の種類と健康効果、味噌汁に合うランキングベスト5と人気の具材 | 桃色の雫

味噌の種類と健康効果、味噌汁に合うランキングベスト5と人気の具材

味噌と聞くと一番に思いだすのが味噌汁ですよね!!

味噌汁と一言でいっても家庭や地域によって使う味噌は様々で味も違いがあります。

実は、日本には多くの味噌の種類があり、それによって作られる味噌汁の種類も限りないのです。

この記事では、味噌の種類と栄養素、市販の味噌と味噌汁の作り方を紹介しています。

しっかりと調べて、作るのなら、納得のいく味噌汁を作りましょう

スポンサーリンク

味噌にはどんな種類があるのか?

味噌の種類によって味が違う。

お味噌汁を作るときにみなさんのご自宅ではどんな味噌を使っていますか?

味噌にも種類があり、育った地域や家庭の味によって、その好みは人それぞれですよね。

味噌は主に4種類

「米味噌」、「麦味噌」、「豆味噌」と、これらを混合した「調合味噌」に分けられます。味噌の主な原料は大豆と塩でできており、そこにどんな麹を足すかで味に違いがでできます。

◎米味噌

大豆に米麹を加えて作ったもの。

◎麦味噌

大豆に麦麹を加えて作ったもの。

◎豆味噌

豆麹を使うため、主原料は大豆のみで作ったもの。

◎調合味噌

「米味噌+豆味噌」、「米味噌+麦味噌」というように、異なる2種類以上の味噌を合わせたもので、、複数の麹を混合して醸造した味噌をいいます。

種類によっても味噌の味が変わり、甘口、辛口というように味に違いがあります。食塩の量と麹歩合によってそれぞれの味噌の味が決まります。

麹歩合とは、味噌の原料となる大豆に対して、麹の割合がどれくらい占めるのかを表した比率のことをいいます。

スポンサーリンク

味噌は体に良いっていうけど本当?

味噌に秘められた栄養素とは?

味噌は『食べる美容液』と言われるほどお肌や体に良い食品ってことご存知ですか!みなさんもご存知のように味噌は発酵食品でアミノ酸やビタミン類が大量に含まれています。

味噌は大豆と麹・塩を原料とし、タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラル等を豊富に含みます。

他にもペプチド・アミノ酸のタンパク質や、イソフラボン、サポニン、酵素、食物繊維、リノール酸など健康に良いとされる栄養分も多く、特に女性には嬉しい栄養ばかりです。

では、味噌を摂取することで、体にはどの様な効能や効果があるのでしょう。

◼️老化防止

味噌に含まれるビタミンEやイソフラボンが、老化を防いでくれます。
また、味噌に含まれるサポニンは酸化を抑える働きをしてくれます。

◼️美白効果

味噌に含まれるリノール酸には、しみ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑えてくれるする働きがあるため美白効果があります。

◼️コレステロールを抑えてくれる

味噌の主原料である大豆にはサポニンが含まれています。このサポニンはコレステロールの上昇を抑制する効果がありダイエット効果があります。

◼️便秘解消

味噌には食物繊維が多く含まれています。その為便秘解消に効果があります。味噌には沢山の栄養素が含まれています。

タイトルとURLをコピーしました