QRコードやバーコードを使ったスマホ決済のメリットとデメリット | 桃色の雫

QRコードやバーコードを使ったスマホ決済のメリットとデメリット

飲食店で生産するときに、いつもどのスマホ決済を使おうかと迷ってしまいませんか。

実は、今が過渡期で、これからもっと技術革新が進んで、色々な便利な機能が追加されていって、もっと使いやすくなるだろうというのがこの世界の展望だそうです。

なぜなら、使いやすくすればするほど、決済サービスを運営する方にメリットがあるからです。

この記事では、スマホ決済の現状と、それを支えるQRコードやバーコードの仕組みについて紹介しています。

記事を読み終えると、スマホ決済を不安なく使えるのは、いろいろな技術が組み合わされているからだとわかると思います。そして、デメリットも知って、うまく活用できるようにしたいものです。

スポンサーリンク

爆発的に普及したスマホ決済

選択肢が多くて困る場合も

今や、スマホ決済をしていない店の方が少なくなって来たように思います。

今後さらに、その勢いを増すのではないでしょうか。

どうせ使うなら、そのメリットやデメリットをしっかりと知って、賢く使うことが大切です。

そして、どの決済アプリを使うか、継続して便利に使えるものに決めていかないと、場合によっては危険も増すと言われています。

場合によっては、なりすましによって、悪用されてしまうということも起こり得ます。これは、以前、セブンペイがなりすましによって破綻したことが有名です。

スポンサーリンク

スマホ決済のメリット

とにかく「便利」に尽きる

個人間送金や割り勘ができる

実は、スマホ決済はお店の決済以外でも利用できるのです。要するに、アプリを使って友達同士でお金のやり取りができるのということです。

もし、友だちも同じスマホ決済サービスならアプリにチャージして友だちに送ることもできるというものです。

ポイント還元が大きい

スマホ決済で使った金額の一部はポイントとして還元される仕組みです。

スマホ決済にクレジットカードを連携させると、なんと、クレジットカードとスマホ決済サービスの「ポイント二重取り」が可能だということも知っておけばいいでしょう。

また、キャンペーンがしょっちゅう行っているので、さらに高い還元率が実現可能です。

利用者特典がある

スマホ決済によっては連携している会社の特典が使える場合があります。

支払い履歴が残る

家計簿にも便利な、支払い履歴が残ります。

いつ、どのお店で、いくら使ったのか把握できるので、家計管理に役立つのです。

カードやクーポンを持ち歩かなくていい

財布にポイントカードやクーポンがたくさん入っていると、結構、財布が大きく膨れます。

それらのポイントカードやクーポンを、スマホの中に収納できる場合が大きいのです。

店によっては、そのポイントカードとの連携を自動的にする場合もあって、極めて便利です。

スマホ決済のデメリット

これは肝に銘じておくべきこと

スマホ決済にもデメリットはあると言えますが、多くは解決が可能だと言われています。

スマホ決済を活用するには、デメリットを把握して利用することが大切です。

スマホのバッテリー切れで使えなくなる

よくスマホを使う人は、モバイルバッテリーを携帯して、いざというとき使えないことがないようにしておくことも対策すべきです。

クレジットカードのブランドの制限がある

スマホ決済によっては、利用できるクレジットカードに制限がある場合があります。

一括払いしか利用できない

スマホ決済の場合は、一括払いが一般的で、クレジットカードのような多様な決済方法は用意されていないのが普通です。

アプリの起動に手間がかかる

QR決済のスマホ決済の場合、アプリを起動してQRコードを読み込ませるのに手間がかかります。

非接触型ICカードに比べると、この手間が意外と面倒に感じるかもしれません。

身近な人による不正使用の危険性

家族や兄弟といった身近な人に不正使用されてしまう可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました