甘酒の簡単な作り方、楽しく飲む、アレンジレシピとタイミングとは | 桃色の雫

甘酒の簡単な作り方、楽しく飲む、アレンジレシピとタイミングとは

最近、ブームになっている甘酒ですが、体に良いとよく言われていますね。

実は、甘酒は米麹で作る発酵食品です。

だから、特に寒い時に飲むと体もポカポカになり、さらに健康・美容に良く、ダイエットにも効果のある飲み物として、最近注目が高まっているというわけです。

さて、どのような効能があるのか、また、もし飲むとしたら効果的な甘酒の飲み方はあるのか。

この記事では、期待できる甘酒のさまざまな効果、飲むタイミング、簡単なアレンジレシピを紹介しています。

うまく使って楽しく健康を手に入れる、というのもいいですね。

スポンサーリンク

甘酒は体に良いってほんと??

◼︎ 甘酒の効果◼︎

•便秘解消

甘酒には食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。食物繊維繊維やオリゴ糖は腸内環境を整えてくれる作用があり甘酒を飲むことで便秘解消になります。

•美肌効果

甘酒に使う「コウジ酸」は美白効果も期待できます。コウジ酸には、疲労回復を助けるビタミンB1、貧血予防に効果的なビタミンB12、ビタミンB6なども豊富に含まれています。

さらに、アミノ酸の全9種類も含まれているため美白効果があります。

•胃腸の負担を抑えてくれる

米麹が出す酵素の働きで、甘酒に含まれるデンプンがブドウ糖に分解された状態になるので、吸収されやすく、効率よくエネルギーを補給することができます。

また麹には一緒に取った食べ物の消化吸収も助ける働きもあるので、胃腸への負担を軽減する効果も期待できます。

スポンサーリンク

効果的に飲むタイミングや量

あまり取りすぎると逆効果?

甘酒が体に良いことはわかりましたが、身体に良いからといって沢山飲んでも良いのでしょうか。

1日にどれだけの量を飲めば良いのかわからない!という方にご説明しましょう。

便秘改善や美白効果に良いとされる甘酒、“ 飲む点滴 ” とも言われ女性にとっては本 当に嬉しい飲み物です

甘酒を一日に飲む適量は、摂取量の目安はどれくらいなのでしょうか?

飲む量は一日にコップ一杯程度、200㏄です。

何回かに分けても良いですね。

甘酒を効果的に飲むタイミングの決まりもなくダイエット目的で甘酒を飲むのであれば朝食や夕食の代わりに飲むのも良いでしょう。

簡単甘酒アレンジレシピ

これで甘酒が苦手な人でも大丈夫!!

どうしてもあの甘酒の味がとょっと苦手という方もいますよね!!

苦手だけど体や美容の事を考えるとどうしても甘酒を飲みたいという方におすすめレシピを紹介しましょう。

甘酒にちょい足しレシピを加えるだけで苦手な方も飲めちゃうレシピです。
◎ ホットミルク甘酒
ホットで体の芯まで温めてくれます。特に寝る前に飲むとリラックスできゆっくり眠る事ができます。

割合は甘酒1に対してホットミルク2で作ります。更に牛乳にはイライラを沈めてくれる効果もあり、リラックスするには最適です。甘酒と一緒に栄養を補給できるのも嬉しいですね。

◎甘酒味噌おにぎり

甘酒はの飲む以外にも料理にも甘酒は合います。

材料

・ご飯200g
・合いびき肉50g
・甘酒大さじ1、味噌大さじ1
・生姜チューブ大さじ2分の1(生姜はお好みで)
・大根の葉大さじ1
・サラダ油大さじ1
・塩小さじ2分の1

方法

・おにぎりを作る前に甘酒と味噌はよく混ぜ合わせておくのがポイントです。
・フライパンにサラダ油を熱したら肉としょうがを入れて炒めます。
・色が変わったら大根の葉を加え、混ぜておいた味噌と甘酒を加えてさらに炒めます。
・別の器でご飯と塩を軽く混ぜ合わせた物をおにびり状にします。
・オーブントースターにアルミホイルを敷いてサラダ油を塗ったらおにぎりを置きます。
・5分焼いたらおにぎりを裏返して炒めた味噌を乗せ再度5分焼いて完成です。

焼きあがったおにぎりにしその葉を巻くにも味のアクセントにないおすすめです。

最後に

甘酒のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は今密かにブームになっている甘酒についてお話ししました。

甘酒は飲む点滴と言われるほど体と病院に良い飲みものです。

甘酒の食感や味がどうしても苦手という方は甘酒をアレンジしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました